忍者ブログ

さんぺい@一条工務店i-smart平屋の家

一条工務店i-smart平屋二世帯の家の建築日記です。


スポンサードリンク

太陽光パネルに影がかかる?植木の日陰になる?家作り最強アプリを使おう!ARと位置情報をつかったカメラビューアプリ

 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

太陽光パネルに影がかかる?植木の日陰になる?家作り最強アプリを使おう!ARと位置情報をつかったカメラビューアプリ

さんぺいです。

 
いよいよi-smartの雑木の庭を目指すべく、木を入手いたしました。

植木屋さんの畑に直接立ち会って、すべて選定してきました。何箇所かの畑を巡ってきて気に入ったものを探せてよかったです。


だいたい植える位置は決めてしまっていましたが、さんぺい邸は

・太陽光パネルが低い平屋のため、木が伸びたときに影がパネルに落ちないか

・陰樹(いんじゅ)、半陰樹で、直射日光を避けるべき木の場所が少ない。

という問題点がありました。


太陽光を最優先に考えたため、南側に傾斜のある独特の屋根ですので、人の立ち入らない北側しか日陰がありません。



ですので、赤線のような太陽の動きの中で極力陰樹を植えるときは、日陰をつくり、かつ目立つ場所を選ぶ必要がありますし、太陽光パネルへの影響も考慮しなくてはなりません。

そこで思いついたのが、GPSの位置情報とARのカメラビューを活用したアプリです。

具体的には、スマホのアプリでカメラで写すと太陽の軌道が分かるというものです。

さんぺいはAndroidのSunPositionというソフトを使ってみました。

iphoneにも
サン·サーベイヤー (Sun Surveyor)
Sun Seeker: 3D Augmented Reality Viewer
Sun Scout
という同様のアプリがあります。


GPSをONにして、そのまま入力せずに現時刻か、指定の時間を入力して


SunPathを押すと、カメラ機能が立ち上がり・・・


周囲に向けると、太陽の軌道がリアルタイムで現れます。ちょっと感動です。


画面キャプチャです。日の出の方向です。黄色が太陽の通るライン。オレンジが今の太陽の位置です。ぴったり合っていました。

 
 

 
段々空にむけても、スマホの重力加速度センサーで傾きなどを判別して表示します。


写真は植えた後ですが、手前がヒメシャラ(半陰樹)、奥がエゴノキ(陰樹)です。特にヒメシャラは弱いと聞きます。西日は避けたいところです。


ヒメシャラの場所ですが、一応夕方には日陰にはなるようでした。


エゴの木のあたりは、お昼は日当たり抜群。。。。でもここに植えたいのです。(意味なし)


夕方の西日だけは避けられそうでした。

 
カメラビューで表示されたところと、建物が重なるかで、日陰になるかならないかがわかります。



 
太陽の動きがすごく良くわかります。

これから土地選びをされる方、太陽光パネルを設置の方、木を植えるかたにほんとおすすめです。


サン·サーベイヤー (Sun Surveyor)


Sun Scout


Sun Seeker: 3D Augmented Reality Viewer


Android 太陽の位置
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.andymstone.sunposition&hl=ja


みなさんの参考になるブログはこちらから
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

 

拍手[5回]


スポンサードリンク