忍者ブログ

さんぺい@一条工務店i-smart平屋の家

一条工務店i-smart平屋二世帯の家の建築日記です。


スポンサードリンク

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

セルコホーム「ザ・ホームps」の性能と、一条工務店「i-smart」の性能を比較してみた。

さんぺいです。

マックス株式会社の浴室乾燥機がリコールになったようですね。

経済産業省のHP
http://www.meti.go.jp/press/2015/06/20150603002/20150603002.html

一条で採用されていたマックス社のBS-241は大丈夫なようですが、以前に採用されていたのはどうなのでしょうかね。

ランキングに参加しています。ポチッとしていただけるとありがたいです。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

「セルコホーム」
というビルダーをご存知ですか?

私は家に関心を持つまでは知りませんでした。

宮城県仙台市の会社で、フランチャイズで全国展開をしています。
http://selcohome.jp/company/

仙台以外はほとんどFCのようです。

日本フランチャイズチェーン協会の検索にはありませんでした。
http://fc-g.jfa-fc.or.jp/article/article_32.html

簡単に特徴をあげると・・・

・カナダで組み立てられた2×6を日本に輸入
・2×6なので地震に強いと売り文句にしている。
高気密高断熱を謳い、窓はアルゴンガス入り複層Low-Eガラス樹脂サッシ
Q値、C値を売りにしている。
24時間セントラル換気システム
・値段はローコスト住宅以上、スウェーデンハウス未満みたいな感じ



何とも一条工務店の売りと良く似ています




ただ一点、大きく違うのが、見た目です。


見た目はこんな感じのカナダの輸入住宅です。


一条工務店i-smartの性能と

http://www.ichijo.co.jp/ismart/technology/eco.html

セルコホームのザホームPSの性能とパンフ上で比較をしたいと思います。

http://thehome.selcohome.jp/sumai/


あくまでさんぺいの私見での比較ですので、各自でそれぞれの内容については確認をとってくださいね。


まず2×6工法

i-smartもザ・ホームPSも2×6工法です。セルコのパンフレットによれば、壁パネルのスタッドは406mmピッチ(i-smartは455mm)。ピッチは406の方が2×6向けですし強いと思われます。使用している2×6材は38mm×140mmのカナダ材を使用しているとのこと。
これについては、一条工務店もセルコホームも同じようですね。

ただ、セルコは補強金具を使用していることを売りにしていました。i-smartの上棟時の写真を細かく確認しましたが、台所のダクト予定部分の一部と、小屋裏の周りの一部に若干金物があったように感じましたが、セルコのような補強金具はありませんでした。
欧米の方が2×4工法は進んでいるといいますが。



地盤調査と基礎について

セルコも一条もスウェーデンサウンディング式試験をします。この点では同じです。

一条のメリットは無料で営業さんたちがしてくれるということ。(確か30年保証と言っていたような・・・。HPやパンフでは一切載っていませんので、要確認ですが。)
セルコホームのメリットは、10年間の不同沈下の地盤保証があることです。

一条にも、どのビルダーにも住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分と雨水の浸入については10年間瑕疵担保責任があるとなっています。営業さんがよく言う10年間構造は保証されます。というヤツですね。ということは、地盤に起因する不同沈下については、瑕疵担保責任で保険金が下りるかはケースバイケースのようです。ですので別に地盤保険にはビルダーが入っておくべきであると思います。

基礎の選定については、布基礎、ベタ基礎、表層改良の杭基礎、鋼管杭などがあり、これは同じですね。





断熱性と気密性について

i-smartの断熱材は特号EPSという太い発泡スチロールです。

壁は内側から

i-smartは・・・
クロス → 石膏ボード12.5mm → たて枠206 @455  → EPS140mm → 合板9mm→ EPS50mm → 防水シート → 通気層18mm → サイディング14mm → ハイドロテクトタイル

ザ・ホームPSはカナダ製の細繊維グラスウールです。
クロス → 石膏ボート12.5mm → 気密シート0.2mm → グラスウール152mm → 防水シートタイベック → 空気層18mm → 胴縁18mm → サイディング→(レンガ等)

一条はQ値(断熱性) 0.82W/m2・K、C値(気密性)0.59cm2/m2
セルコはQ値(断熱性)1.39W/m2・K、C値(気密性)0.92cm2/m2

サッシはどちらも樹脂サッシ。アルゴンガス入りの複層Low-Eガラス。今契約でトリプルが選べる一条はありがたいですね。でもさんぺい邸は標準では同じです。

断熱性ではEPSが優位のようですね。
ザホームPSの断熱性はかなり優れていると思いますが、ここはEPSの方が断熱性では一条が若干優位に思います。気密性も一条が優れていますが、気密シートを使用しているセルコも気になります。



あと他には

・24時間セントラル換気システム(私が営業さんに受けた説明は第三種換気といっていましたが、カタログではセントラル換気システムの第一種換気のようです)

・外壁通気工法

・防蟻処理は大引をACQ加圧注入(パンフではACQですが、他のHP記載もあり。要確認)


など、これも同じでした。


そして坪単価・・・・

i-smartは約60万(要確認)

セルコホームは
http://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_selcohome/shohin/sc_012/
30万~とか、30~50万とか書いてありますが
私が営業さんから聞いた感じでは、だいたい50万後半とのことでした。(要確認)

どこまで含むかよくわかりませんので、要確認です。ですが、セルコの方が安い部類に感じました。

ここまでは、よく似た感じですが、ここからが違いです。




セルコホーム ザホームPSの優位なところ(i-smartに比べて)

・ファイヤーストップ構造 厚いグラスウールで火に強い

・1Fと2Fの床に遮音金物を使用し、遮音性をあげている。




一条工務店 i-smartの優位なところ(ザホームPSに比べて)

全館床暖房

太陽光パネルが大容量で搭載可能(夢発電という名の1.5%ローンも組める)


というところですね。




さんぺいの私見としては・・・

・性能面ではそこまで差はないように思う。

・レンガ調のデザインが好きな方は、セルコはアリだと思う。

・太陽光や全館床暖房がいいなら、一条はアリだと思う。


というなんとも当たり前の結論でした。人によって感じる価値観が大きく違いますので、これらはさんぺいの素人的に感じたことを綴っただけですので、専門の営業さんや設計さんに聞いてくださいね。


みなさんの参考になるブログはこちらから
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村
 

拍手[2回]


スポンサードリンク